第2回「岩槻映画祭」

古くから文化芸術を発信してきた さいたま市 「 岩 槻 」
この地で開催される岩槻映画祭から次の世代の文化芸術の発信をします

さいたま市「岩槻」は室町時代より城下町として栄えました。
江戸時代は宿場町として多くの往来があり、中でも日光東照宮造営・修築に縁の工匠たちが、この地に住み着き、豊かな水と桐粉を原料とした岩槻人形工芸の文化が開花しました。
現在でも300軒の人形工房1800名以上の人形工芸従事者が岩槻人形の伝統を継いでいます。
こうして古くから文化芸術を発信してきたさいたま市「岩槻」でご当地映画祭を開催し
新たな文化芸術の発信と人材交流を深めていくことが本企画の目的です。

実施概要

開催日程:2015年3月1日(日)・2月28日(土)
メイン会場:さいたま市岩槻本丸公民館
0001
近日「第2回岩槻映画祭」
特設サイトを開設いたしました。

主催:岩槻映画祭実行委員会

festival@movie.saitama.jp